FC2ブログ
HOME   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  各国通貨指数  »  結局大きく動いたのはイギリス・ポンドと…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

結局大きく動いたのはイギリス・ポンドと…

先週のビックニュースはなんと言ってもトランプさんがが大統領戦に勝ったことでしょう。
大きく相場も揺さぶられました。
先週の振り返りです。

通貨指数表示表1611012

世界通貨指数とは


大きく下落したのは 南アフリカ・ランド 円 トルコ・リラ ユーロ です。
南アフリカ・ランド はなんと3.61%もの下落となりました。
ニュージーランド・ドル オーストラリア・ドル も下落しました。
大きく上昇したのは イギリス・ポンド ドル です。
中国・人民元 も上昇しました。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
このブログは、にほんブログ村に登録しています。
↓↓↓どちらか一つ応援クイックをお願いします!!順位の確認もこちらで。
にほんブログ村 為替ブログ FX スワップ・長期投資派へ にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
にほんブログ村
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

アメリカの大統領選と同時に行なわれた議会選挙でも、上院下院とも共和党が多数を占めたことで、市場はトランプ大統領と共和党が保守主義的にアメリカ単独で自国の経済を強力に成長させる政策を採るのではないかとの思惑が広がっているようです。
それを受けてアメリカの株価は上昇、ドルも上昇、アメリカと経済関係がもともと強いイギリス・ポンドも上昇し、逆に新興国を中心に資金流出等で、経済成長に影響が出るのではないかとのことで下落しているようです。
特に南アフリカ・ランドが大きく下げてしまいました。
今後もしばらくはアメリカの政治の動きに相場が振り回される可能性が高いようです。

チャートは ドル/南アフリカ・ランドの60分足のチャートです。

16111201.jpg
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
Lc.ズームバー v2
ズーム: 100% → 100%

Lc.ツリーカテゴリー
リンク
プロフィール

さぼてん

Author:さぼてん
FXの黎明期である2005年から取引を始めました。あまりFXに時間が取れない中、高金利通貨ブームにのったり2008年の世界金融危機に振り回されたりしましたが「さぼてん」のごとくゆっくり・堅実・確実に利益を積み上げていってます。

カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。